これだけ押さえてデザイン力をグッとアップするコツ【コントラスト篇】

デザイン4大原則

デザインに関わるお仕事をされている方なら、「デザイン4大原則」という言葉は、誰でも一度聞いたことがあると思います。「デザイン4大原則」は、コントラスト、整列、接近、反復です。この4つの原則をうまくデザインに取り組めれば、人の興味を惹いたら、伝えたい情報をスムーズに伝達することができます。

今回は、「デザイン4大原則」のうちの1つで、「コントラスト」について、色々とお話しを展開して行きたいと思います。

コントラストとは

コントラストは、別の言い方で言えば「対比」ということです。デザインにおけるコントラスト(Contrast / 対比)は、色や大きさの違いや形の違いなどの意味合いがあります。

コントラストはデザイン4大原則の一つであり、情報の重要度を示したり、情報のポイントを素速く読み手に伝わることができます。それに、単に情報整理という機能だけだはなく、デザインにビジュアル的な面白みを加えることも可能です。

よく見かける広告かバナーのように、たくさん同じサイズや形や色の要素が目の前に並べても、とてもつまらなく感じてしまいますが、ただ1つだけの違う形の要素を加えれば、それが勝手いに目に入ってくるのではないでしょう。このような狙った目的にコントラストを加えることこそ、他の3大原則にない役割であり、コントラストのと独特な魅力だと僕は思います。

これだけのコントラストの使い方を押さえてデザイン力をあげよう

私たちは、よく無意識に「デザイン4大原則」を使っていても、気づかないことは多いのではないでしょうか。実際にデザインをする時に、コントラストを使って情報を整理したら、視覚的な要素を強調したり、弱めたりしています。無意識にやっていることを理論的にまとめて理解しておけば、デザインのコンセプトを設立することに強いに間違いありません。

色によるコントラスト

1、明度(明るい・暗い)
2、色相の補色(紫・黄)
3、彩度(カラー、無彩色)

形によるコントラスト

1、形(丸・正方形)
2、輪郭(ギザギザ線・直線)

面積によるコントラスト

1、同じ形の異なるサイズのもの

位置・向きによるコントラスト

1、左右方向、上下方向など
2、手前・奥側

フォント周りのコントラスト

1、フォント(書体・濃淡・大きさ・ウェイト)

その他のコントラスト

材質などによるコントラスト

まとめ

デザインにおいては、コントラストはとても重要で使い勝手が良いのか、少し感じているのでしょうか。ただし、いくらコントラストだけを使っても、良いデザインになれません、もしくはベストではありません。なぜかというと、良いデザインはいつも複数の原則をうまく取り入れているからこそ、魅力的に見せられているからです。